085 背の高い家具の設置場所

009 背の高い家具の設置場所

背の高い家具を用いることは結果として圧迫感を軽減するのに役立つわけですが、配置場所を工夫することでより効果的に実用性と見た目を向上させることが出来ます。

背の高い家具を配置することを最も避けたほうが良い場所はソファーなど通常座る場所の正面です。部屋の中に滞在している間、一番目を遣る場所なので避けたほうが無難です。

また、人間でも部屋のインテリアでも第一印象は重要ですので、入口から入って対角線上の位置や正面に背の高い家具を持ってこないほうが無難です。

最も最適なのは、通常座る場所の背面です。あまり目に付かず、しかも比較的モノを取り出しやすい位置ですので機能的とも言えます。

マンションなど柱が出っ張っている場合はそれに同化させるように配置するのも良いでしょう。また、壁紙が白系の場合は白系の家具を選んだり、背板のないいわゆるオープンラックを置くと圧迫感が軽減できます。

なお、凝った装飾の家具や体裁の良い家具など、逆に見せたい家具の場合はこの限りではありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク