084 背の低い家具なら圧迫感がない?

008 背の低い家具なら圧迫感がない?

「圧迫感が出ないように」と思って背の低い家具ばかり置いてしまってませんか?日常生活を送る上では一定量のモノが必要ですが、それを収めるのに幅90×奥行45×高さ180cmの容量が必要だと仮定すると、高さ半分でその容量を確保するには倍の床面積が必要となります。

圧迫感を感じるかどうかは高さだけの問題ではなく、むしろ床がどれくらい見えているかのほうが重要です。背の低い家具を並べて床の多くがそれらに占領されてしまうと本末転倒な結果となるだけでなく、非常に使いにくくなります。

特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の場合は子供に触られたくないモノを置くのに適当な場所を見つけるのが難しくなりますし、年配の方の場合は背の低い家具の天板の上にモノをついつい置きっぱなしになります。

背の低い家具も悪くはありませんが、背の高い家具を交えたほうが収納はグッと楽になるのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク