055 洋服の畳み方(2)自分と引出、どっちに合わせる?

045 洋服の畳み方(2)自分と引出、どっちに合わせる?

洋服の畳み方というよりは正確には畳んだ後のサイズのことになりますが、自分に合わせるか、引出に合わせるかで、畳み方が微妙に変わってきます。

まず自分に合わせる場合。洋服の種類やデザイン、大きさはマチマチですが、とにかく自分がパッと畳みやすいサイズに畳んでしまう方法です。この場合、当然ですが畳んだ後の洋服のサイズは微妙に変わってきますので、引出の中にはすき間が生じます。

対して引出に合わせる場合。引出の深さと幅を考慮して畳んだ後のサイズがそれにピッタリ合うように畳みます。そうすれば引出の中に無駄な隙間は生まれず、たくさんの洋服を収めることができます。ただし引出の大きさが統一されていれば良いですが、引出がマチマチの大きさだと理屈は分かっていても毎日のことですからこれは結構大変です。

「楽」を取るか、「量」を取るか?それによって畳み方は変わってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク