010 下手の長糸、上手の小糸

049 下手の長糸、上手の小糸

「下手の長糸」とは、一気に縫い上げようとして長い糸を持ち、糸を絡ませてしまって、結果として効率が悪いことになるということを戒めることわざですが、収納でも同じことが言えます。

収納スペースを増やす、休みの日に一気に片付ける、モノをたくさん持つ・・・・これらはすべて「長糸」です。実際には、収納スペースは少ないほうが管理がしやすいし、一気にではなく出来ることから短時間で取り組むことが大切ですし、モノはたくさん持つより少ないほうが管理が楽ですし、探すのも楽です。

同様に、片付けの苦手な人は物事を長いスパンで考え過ぎる傾向があります。目標地点をあまり遠くに置き過ぎると予定外のことが起こったりして途中で挫折したり、先延ばしにしてしまったりします。ですから是非、「小糸」を持つ習慣を身につけてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク