048 和室やリビングでの作業動線

072 和室やリビングでの作業動線

和室やリビングなど床に座って生活する場所では作業動線が低くなり、そのため収納する位置もそれに合わせて低くなります。よってモノが取り出しやすい位置の序列も図のように変わってきます。

収納の基本は「使うモノを使う場所に」ですが、このように考えていくと効率良くモノを置く場所をレイアウトしていくことが可能です。ちょっとパズルを解いていくようで難しく感じてしまう人もいるかもしれませんが、基本的には「使うモノを使う場所に」置くということを徹底していただければ難しくはないと思います。

ちなみに、リビングや和室などでは①の場所に生活用品等を収納し、②の場所に飾り物を置くようにすれば、見た目も良く使い勝手も損ねません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク